FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その弐 苫小牧ベースキャンプに到着したぞ

フェリーには温泉のような立派な風呂がある。
湯上りに一杯やりながら、最北の地へ思いを馳せる。

一番厳しいこの時期、何も無いはずはない、それは本能的に感じる。
だがいったい何があるのだろう。
これは行ってみないとわからない。

今回の目的はあくまでも稚内にあるサハリン航路用フェリーターミナルの下見である。

しかし、それよりも30km北東にある日本最北の地、宗谷岬アタックとした方が、なんかカッコいいので、取あえずそう言ふことにしてある。

で、これからやることを簡単に整理しておこう。
「厳寒期にバイクで宗谷アタックを実施する」
これだけである。
あとはこの条件内で如何に安全で楽に低予算で達成するかがライダーの仕事となる。


二月八日

目が覚めたらもう苫小牧港の近くまで来ていた。

早速身支度をはじめる。

どんだけ寒いか分からないので、フル装備で上6枚、下6枚用意してある。
取敢えず上下とも最強防寒着を除いて、上下各5枚着込む。
うー暑い!
やばい、汗が出てきた。

下船し、一息いれる。
2011_0206(001)_convert_20110217205706.jpg

港から10km程度行った所に倅のアパートがあるのでそこに向かう。

気温はー4℃程だが上着のチャックを全開にして走る。

涼しくて気持ちが良い。

ようやく寒くなりかけたところでアパートに到着。
ここが宗谷アタックのベースキャンプになる。

お茶を一杯飲んで、いよいよアタック開始。
不安と期待を胸に相棒ジェベルとともに北に向け発進した。

まずはR234を岩見沢に向かう。
廻りは雪景色だが、幸い道路は乾燥している。

走り始めたばかりだが、最高に気分爽快だ「冬の北海道ツーリングって思ったよりゴージャスかも」。
などと悦に入り走っていた。

この先起こる悪夢も知らずに。
                         つづく






コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

損師

Author:損師
今年(2011年) 58歳になる親父です。
ただ今、バイクによるユーラシア大陸横断を計画中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。