FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C2は砂川SA


岩見沢ICを目指し、夜のR234をひたすら走る。

幸い道路はまだ乾燥しているが、たまに濡れている個所はカンカンに凍っている。
どうにか無事インターに到着した。

流石に冷えるので、高速に入る前に防寒レベルをあげることにする。
最後まで取っておいた最強の上着、R&R冬ジャケットを追加する。
うーん、五枚も着ると流石に動きづらいが、全然寒くねぇ。
これならイケるぞ。

高速を90km/hで飛ばすが快適だ。
幸いジェベルもスパイクでふらつく意外は問題なし。
この機会に大幅に遅れた時間を少しでも取り返すのだ。

だが、当初チラついていた雪が本降りとなってきた。
トラックの後ろに張付いて、次のパーキングまで何とか堪え、カッパを装着する。
これで上半身はファイナル装備だ。
下半身はまだR&R最強のウインターパンツが残っているので、余裕である。

雪の中を気合で走り続ける。

ドンドン雪が濃くなり、前方が殆んど見えない。
必死に走るが、視界が悪いうえに滑り始める。
夜中にこの状態でで走り続けるのは、危険と判断。

次のサービスエリア、砂川SAに転がり込む。
「はぁ、今日はここまで」 流石に疲労も加わりモチベーションも下降気味。
今日はここで一泊することにする。

時計を見ると20時30分、自販機でコーラを飲んで気が付く。
今日は船の朝飯から何も喰ってねぇ。
と言って喰うものもないので諦める。

さて、それより、どこに寝ようか。

自販機の前は暖かく快適だが、明るく人が頻繁に入ってくるので、流石にここで寝るのは無理っぽい。

そこで、外に出てウロウロしてると、高速バスの停留所がある。
見ると最終バスが22時40分となっている。
と言ふ事はそれ以降は誰も来ないので、ここを借りることに決定。
2011_0206(013)_convert_20110302000929.jpg
いよいよ冬季野宿初体験だ。

いままで、秋までのキャンプはそれなりにしてきたが、冬は初めて、それも北海道なのだ。

バスの最終を待ってコンクリートの床にマットを敷き、モンベル#0のシュラフに入り込む。

………寝てしばらくすると、ピタン、ポタンと雨漏れ音がし始める。
屋根の鉄骨が汗をかいてその水が落ちるようだ。
シュラフが濡れてきたので、微妙に場所を移動して滴をかわす。

気温は外と殆んどかわりなし、ただ風が入らないのが有り難い。

シュラフはかなりの保温力があるのだが寒い、多分昼夜全くカロリーをとってないので身体から熱が出ないからだろう。
しかし、明方に気づいたのだがこのシュラフは二段機密になっていたのだ、一段しか閉めてなかったので、二段締めたらかなり暖かくなった。ナルホドそういうものか。

二月七日

7時30分起床、ぐっすり寝たわけではないが、体力はかなり復活した。
今日は何処まで行けるか分からないが、トコトン走りまくってやるぞ。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

損師

Author:損師
今年(2011年) 58歳になる親父です。
ただ今、バイクによるユーラシア大陸横断を計画中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。