スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショック!

今月、俺が予定しているルートを走り始めた仲間が殺された。

世界一周を目指し、走り始めて一週間も経たぬ内に、バイカル湖手前でナイフで全身30箇所も刺され死んでいた。

何と惨い、そしてさぞかし無念であろう。

彼の気持ちを思うとたまらなくなる。
彼はブログを遺して行った。
http://hunter-koichi-world.doorblog.jp/archives/7139314.html


自分も7月には現場を通過することになる。

本音としては、そんな恐ろしい場所はスピードをあげて通り過ぎたいところだが、なんとか場所を探して、線香を手向けたい気持ちが強い。

明日は我が身となるのか、 恐ろしくないと言ったら嘘になる。
しかし、今回の挑戦は俺にとって生涯を通しての大事な夢、いつまでも動揺していたら、とても先には進めない。

彼の死を無駄にしないためにも、今まで以上に警戒意識を強めていきたい。
スポンサーサイト

超多忙日

昨日は超多忙な日であった。

貴重な休暇を一日使って、まずは陸運局に行って、マイカーのユーザー車検。
13万KM以上走行したボロ軽自動車だが何とか合格。

次に通関でつかうジェベルの登録証の申請手続、を行うが「登録証」っと言うと皆、ナニそれ?

滅多にないことらしく、軽自動車協会から陸運事務所に移動したりして2時間位かかってようやくゲット!
イライラするどころか、逆に余計な手間をかけさせてしまい恐縮する。

次に警察署まで走り、国際免許証申請手続を行う。
交付までおよそ一週間程度かかるとのこと。

こんどは、手に入った登録証で、小松自動車という所に電話で国際ナンバー製作依頼する。

家にFAXが無いため、申請用紙を郵送するそうで、到着したらそれに記入して登録証の写しと一緒に送り返してくれとのこと。

登録証、国際免許、国際ナンバー この三つがそろうと通関は通るらしい。


後で、各申請手続については、後で分かりやすく纏めるつもりです。

いやー、しかし良く働いたもんだ。

またまた大逆転!

会社の手続をすっかり済ませれば、後はヒタスラ西を目指す筈だったのだが、またまた風向きが逆になった。

会社最終日(7月31日)に出社願うとのこと。

退職証書のようなものを手渡らしい。

そんなもう、どうでも良い紙切れを貰うために、貴重な一ヶ月を潰していいのだろうか。

と思うのだが、情けないかな、何十年もサラリーマンと言ふ沼の泥から上がれない。
良識のある社会人と言ふ者は最終日に出社して、キッチリケジメをつけるものらしい。(笑)


しかし、出発の日程は変えるつもりは無い。

取敢えずの予定としては、7月9日に稚内より渡航し、モンゴルまで突っ走りる。

そこでバイクを預け、一旦帰国で出社と物資調達、また引き返すという、過酷なミッションである。

果たして、可能なのだろうか?
俺もわからねぇ、なんったって、全く未知の世界だものなー(^^ゞ

まぁ、理論的には、電卓で算出してみると可能と出る。

しかし、一寸でもトラブルがあったら、即のっぴきならない事態に突入と言ふことになるのは確実だ。
なんか、ドンドン変な方向へ向かっていく。

過酷な割にはなんかしまらないこの状況。

まっ、こんな変な旅も俺らしくていっか。

もう一つの作戦

前にも書いたが、6月のボーナスもらってサッサと辞める予定だったのが、会社から頼まれ、6月末までから、7月末までと徐々に伸びてしまった。

ルートは予定通りのモンゴル経由欧州のユーラシア横断。

これを3ヶ月で走破なのだが、後半さぶくなるのではと心配している。

しょうがねぇと思い、そのつもりで準備をやろうとしていた。
がっ、ここに来てなんか情勢が変ってきた。

当初、7月晦日に出社しなければならないことになっていたのだが、上との話し合いで、諸々の退職手続が済めば、あとは、退職日まで有給休暇でOKな気配になってきたのだ。

現在、自分の有給休暇は1ヶ月はある。
ってことは、6月中に手続が完了すれば7月は休めることになる。
つまり、辞めるのは7月末だが、最終出社日は7月前になるのだ。

おー! これは最高の追い風だ! 

早速、本社の人事部に急いでくれと頼み込む、  結果,「分かった」という有難いお言葉。

これで、一番の問題はクリア出来そうだ。

しかし、新たな問題が発生。

出発は八月と思い、まだ余裕と、あまり準備していななかったのだが、もし7月なら準備を始めねば。
っとやり始めたところ、全然進まない。

バイクの予備品など一瞬でそろうと安易に考えていたが、そんな簡単にいかない。
たとえばスプロケットを買おうと考えてネットで調べると、高いのから安いのまでいろいろあり、やっぱり純正だろか、とか考えていると、それだけで一日が終わる。

わー!考えが甘かった。こんなんだったらもっと早く準備を始めるんだった。

っと焦りと、考えの甘さに反省の日々――。

しかし、そんなことを言っても時は待ってはくれねー。

早速、フェリーの出航日とかを確認し、取り合えずサハリンへの渡航日を7月9日(月)に設定!

震災のための長い長い一年自粛をくぐり抜け、ようやく夢が近づいてきた。

色々予定通りには進まず、焦り気味日々。
これからが正念場だ、まずはロシアビザに挑戦するぞ!
プロフィール

損師

Author:損師
今年(2011年) 58歳になる親父です。
ただ今、バイクによるユーラシア大陸横断を計画中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。