FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

V-MAXの不調について

ユーラシア出発予定が1年延びると、どうしても準備のペースが狂う。

モチベーションに変化はないが、準備の集中力がダウンしてしまう。

そこで、気持ちを切替るため、年内は準備を休止している。


っと言ふわけで、、番外編を載せてみた。


番外編

――― 車両の故障が続いている。

先般のジェベルに続き、これも修行をかねて修理に挑戦してみた。

同様トラブルの方にも少しは参考にと思われるので記載する。
メカに興味のない方は見るだけ損だと思うのであしからず。


……… 俺のV魔(V-MAX)が不調だ

85年初期型で、25年ワンオーナーである。
これぐらいの付き合いになると、もう身体の一部のような感じで、マシンの状態を肌で把握することが出来る。
…っと思っていた。

今回この己惚れが思いっきり崩れ去ってしまった。
ともすれば、ギブアップしそうになる気持ちをなんとかつなぎ、これまでに至る経緯を残したい。

五月頃、久しぶりにV魔に火を入れ、走り始めた。

最初は調子がよかったのだが、10分ほど走ったところ、プスンプスンとなり、回転をあげてないとすぐにストールしそうになる。

これは、止まったら起動しないだろう。

なんとか、寮に辿り着きホッとする。

この単車とは、長い付き合いなので、症状でたいがいの判断はつく。
これは、燃料フィルタの詰まりだ。
ガソリンタンクがサビだらけで直ぐに詰まるのだ。

早速フィルタ掃除…… 詰まっていない。

だがこの感じはキャブ関係の筈。

だとすると、フロートバルブの詰りだろう。

そうなると寮での整備はたいへんなので、家に運ぶことにした。

運ぶ手段だが、実は、海に沈んだあのハイエースが何とか復活したのだ。
海水に下半分が沈んだ車だが、バッテリーを寄集めてセルを回したところにエンジンがかかったのだ!

取りあえず走るのだ!   が、それ以外、特に電気系統は全部死亡。

そこで、先導車をつけて、のろのろ寮の駐車場まで運び、以後、会社帰りに毎日少しづつ修理。

公道を走る最低条件であるヘッドライト、ウインカー、ブレーキランプ、ライセンス灯がなんとか復活!
それ以外は全く使えないが、とにかくこれで公道を走れるー♪ 

…ってセルまわんねー(`´)

っとかしながら、どうにか復旧。

しかし、車検とかは問題外なので、暫定走行車

これでV魔背負って山形さ行くのだ。
スポンサーサイト
プロフィール

損師

Author:損師
今年(2011年) 58歳になる親父です。
ただ今、バイクによるユーラシア大陸横断を計画中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。